経営理念

『良品質な塗料を通して、広く社会に貢献する』

この不変の経営理念は、当社が存在する意義であり、そして社会から信頼される企業であり続けるための最重要・遂行課題であります。すなわち、「皆様に愛される塗料の製造」・「時代にあった新しい塗料の開発」・「動き回る営業力で幅広い塗料の販売」につながっています。

この経営理念の意味することは、「我々は良品質な塗料の開発・製造を常に心掛けなければならない。さらに、塗料開発は、多くのひろに満足と幸福をもたらすものでなければならない。そして、塗料を通して社会貢献をしなくてはならない。広く社会に貢献するためには、より多くの人に当社の製品を知ってもらい、使ってもらう必要がある」ということなのです。

売上げに邁進することは大切なことです。製品は売れなくてはなりません。しかし、一番大切なことは、塗料を売って感謝されているかどうかと言うことです。「きれいになった」・「塗りやすかった」・「環境が良くなった」・「経済的だった」等々、ありがとうと言ってもらえる、つまり広く社会に貢献できているかどうかです。広く社会に貢献出来ていればいるほど、当社の全社員の幸福につながり、全社員の生活が豊かになっていくことにつながるのです。

このページの先頭へ